マンションリフォーム  K邸

敷地条件
都内へ急行で40分という近郊都市、ショッピングモールも充実している駅より徒歩5分という利便性に富んだ商業地域の中にある9階建てマンションの4Fだが雑音に煩わされることはない静かな集合住宅。ベランダが南に面している。

施主の要望
戸建て、マンションと数ヵ所を所有するオーナ−であるがどれも半端で住まい心地に満足感がないとのこと。このたび自邸近くに所有のマンションをリフォームし、生活感をあまり漂わせないホテルのスイートルームをイメージした空間を希望。条件は最小限度の荷物の収納、友人を招いてのパーティーが開催できるオープンキッチン、将来喫茶店を開くために収集した和洋食器の収納、プラズマTVコーナー設置等。

提案のポイント
@生活感を感じさせないホテルをイメージした寝室とLD、A日本茶アドバイザーの資格を持ち、関連収集した器を収納するスペースの充実、Bベランダを部屋の一部として一体化した和風ガーデニングを演出、C室内は和洋折衷インテリア

お客様を招くとき以外は寝室もすべてオープンの1つの空間となり、洗面所、トイレ、収納コーナー、キッチンと周遊可能である。和を意識したベンガラ色のキッチン、食器類を納める引き出し式造作収納、付近はエコカラットクレイで消臭と調湿効果を狙いデザイン的効果で雰囲気を演出した。全体の面積を広く感じさせるために造作家具、玄関に鏡を配し錯視効果で広々とした感じに仕上げた。照明で昼と夜の違った雰囲気が楽しめるよう工夫した。

ヤマハリビングテック